今日は初めて、島忠川口朝日店さんにて切り花を購入しました!

神陽金属工業さんの白銅の花瓶、500円前後で生けていきますといっていたのですが、今回はちょっと奮発しています。
島忠さん、安いバラ売りがなかったので…。
かといって「奥の手」の榊を使ってしまうと、前回と同じになってしまいます。
そこで、税抜き298円の洋花セットを2つ買ってきました。
このあたりの金額の戦いをしていると、消費税けっこうきますね…。
税込654円です。
完全に予算オーバーではあるのですが、この花瓶の目指すところは「仏花入れ」ではないはずなので、よいということにします。

ちなみに、安い花を豪華に見せるために一番大切なことは、「もしゃもしゃした花材」を選ぶことです。
今回の様に葉っぱが「もしゃもしゃ」しているととても良いです。
お花も、スプレータイプを選ぶと分割できるので、豪華にみせることができます。

私なんぞは、安い花材でいかに綺麗にみせるかをずっと追求してきた人間なので、ゴミが出ないようはじめの切り方から工夫します。
先生などからも、「最大限ゴミを出すな」、「いただいた命を無駄にしないで使い切れ」と口酸っぱくいわれてきた世代です。
それなので、お若い方の前や、外国の方の前で生けると、「すごい、ゴミ使ってる」だとか「そこまで使うとか(笑)」などといわれてしまうことが多く、絶句してしまいます。
どれだけ説明しても「ゴミを減らす」「命を大切に」の意味がわかってもらえず、悲しくなることもあります。

なので今、あえていいたいです。
ゴミをなるべく出さない、いただいた命を無駄にしない、というのはこれからの時代にこそ求められる考え方です。
仕事で生けるなら、材料はできる限り安くなるよう発注する、材料に無駄がでないようにする、といったコストカットのための工夫は他の業界ならあたりまえのことです。

などと偉そうなことをいってしまいましたが、600円代は高いでしょうか…?
ちなみなぜ今回、島忠さんで買ってみたかというと、実は熊手を買いに行ったんですよ。
竹の熊手でお正月飾りを作ろうと思いまして。
なければ竹かシュロ?の箒でもいいかと思ったのですが、本当に柄の長い大きいものしかなくて。
そういう問題なのかわからないのですが、あれでもいいんでしょうか??
ただいろいろな意味でお隣の親会社さんに衝撃を与えそうだったので、ひとまず考えることにしました。
もうちょっといろいろなお店みてみることにします。