OLYMPUS DIGITAL CAMERA

球根仕込み中

  1. 事務所

春に向けて、球根を植えました!
先日の富山で仕入れてきた球根(「桃太郎」「タルダ」「ムスカリ」)が中心になっています。
プラス、先日近所の島忠さんで安くなっていたものも足しています。
ビオラなどと寄せ植えを楽しもうかと思ったのですが、結局このままに…。
来年こそは試してみたいです!

とりあえず事務所のベランダにスタンバイ!
春になったら玄関に出そうと思います。
写真をみていただいてもわかると思うのですが、弊社では順次プラスチック製の鉢から陶器など再生可能なものへと切り替えをしています。
以前より金属の鉢スタンドと一緒に玄関の外に出している鉢も含め、お外用はすべて陶器製でした。
それでも、まだまだ観葉植物用の鉢はプラスチックのものか、プラスチック鉢に鉢カバーの物が多いのですが、目標としては2020年末までの切り替えを目指しています。

でも「脱プラスチック鉢」するにあたり問題は屋内だったんですよね。
陶器製ってどうしても汚れるしカビるし、見た目だけではなく、衛生的にどうなのかなと…。
それでもできそう!と思ったのは、神陽金属工業さんに白銅の植木鉢いただいたからです。
鉢カバーとしてではなく、本当にそのまま土をいれて植木鉢として使えます。
インナーのプラスチック鉢がいらないんです。
陶器のように水分が染み出してこないので、カビの心配もありません。
もともと白銅なので清潔ですが、表面がつるつるなのでさらに除菌スプレーでのお掃除もできます。
陶器と違って、割れません。
(落とすと逆に床が危ないので、それだけは気をつけてください)
まさかの一生使えるので、環境にも優しいです。

植木鉢って、プラスチック製で劣化が進んでみすぼらしくなってしまっても、なんだかんだずっと使ってしまうんですよね。
これなら確かに、ずっと見栄え良く使えるものの方がいいなあと思い始めた今日この頃です。
ただ白銅の植木鉢は屋外用にはもったいないので、屋外は陶器でいきます!

関連記事

金属について学ぼう

最近、様々な方面の方々に金属についてご教授いただく機会があり、金属のおもしろさに目覚めつつある今日この頃です。特に神陽金属工業さんからはリアルな化学反応について学ばせて…

Vive le printemps!

節分もバレンタインデーも終わってしまったので、看板を書き換えました。すっかり暖かくなってきたので「春」を全面に出してみました。(ついでにホームページのトップ画像も変更し…

エンジョイは「N’Joy」だった

最もメジャーな観葉植物のひとつ「ポトス」ですが、近頃、ポトスの「エンジョイ」という品種をよくみかけるようになりました。すごく色のきれいな品種です。最近、…

撮影ブースが届きました

最近いろいろ撮影したいものがあるので「撮影ブース」を注文しました。今朝届いたので、早速試し撮りです!あえてデジカメではなく、(古い)スマートフォンでの撮影です。…

脱プラスチック鉢完了【世田谷事務所】

先日、2020年末までを目処に、事務所のすべてのプラスチック鉢をプラスチック以外の再生可能なものに移行したいとお伝えしたかと思います。一足早く、世田谷の事務所の方は「脱…

新年おめでとうございます

謹んで新春の祝詞を申し上げます。本年も元気に頑張って参ります。何卒よろしくお願い申し上げます。新年早々、2020年1月5日まで完全なお休みをいただきました。あり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA