羽根木公園で開催中の「第43回せたがや梅まつり」に行ってきました。
なんと、世田谷事務所のすぐそば(徒歩5分くらい)のところです。

先日「工場見学」に合わせて急遽デビューしたばかり「ズームレンズ」。
必要なときに「使い方がよくわからない」というのでは困ります。
すみません、練習あるのみです…。
お昼休憩がてら一人カメラ練習会をしてきました。

吹く風をなにいとひけむ 梅の花散りくる時ぞ香はまさりける

というわけで、人生がんばっていきましょう!

花の写真を撮るのには、これは確かに「普通のレンズ」では無理だなというのを実感いたしました。

そもそも綺麗に撮るのには、この程度のレンズ、三脚なしでは無理なのでは?と思い始めた頃、「ものすごい」装備をお持ちの方々が周りにたくさん…。
どうやら写真のサークルまたは教室のみなさんが先生と一緒に撮影会に来られていたようです。
そこでまさかの先生の一言:「ぼかしすぎても平凡な写真になっちゃうから。」え?!
「例えばこんな風にね」と生徒さんたちにお見せになっていたので、私もさりげなく覗かせていただきました。
なるほど…。
ただ、ぼかさなすぎると(試してみた)なんの写真かよくわからなくなってしまうし。ううん、難しい…。
生徒さんらしき女性たちが「わかってるけど、そうならないのよね…」「そうそう」とお話しをされていましたが、まさしくその通りだと思います。

帰り道、緑道に植えてあった「ボケ」の花もついでに撮影。
「ボケ」をみると、子供の頃のお花のお稽古のことを思い出します。
昔たくさん生けたなー。
春のお花のお稽古の思い出(いろいろやらかした話)といえば「啓翁桜」と「ボケ」と「桃の花」と「菜の花」でしょうか。
いろいろごめんなさい(笑)

ひな祭りも近いので、桃と菜の花とか、チューリップとか飾りたいですね!