謹んで新春の祝詞を申し上げます。
本年も元気に頑張って参ります。何卒よろしくお願い申し上げます。

新年早々、2020年1月5日まで完全なお休みをいただきました。
ありがとうございました。
実は、5日まで中国は上海に行っておりました。
何から何まで驚きの連続で、想像していたり、人に聞いていたのとは全く違いました。
もういろいろ「すごかった」です。
「私もがんばろう」と強く思いました。
実は日々、仕事でも中国語ができたらよかったのにと思うことが多々あり、数年前より独学で少しずつ勉強を進めていました。
昨年末からは、先生を探して少し本格的に勉強しています。
まだまだビジネスレベルには程遠いですが、今後は仕事にも生かして行きたいと思っています。
そういうわけで今年は、中国語がんばります。

外国語教室の「アカデミア」部門では、昨年、想像した以上の反響をいただきました。
本年も「よくある外国語教室」ではなく、「外国語学習法」の指導、「生きた教材」での指導、「応用のきく外国語」の指導に力を入れていきます。
またなるべく様々なタイプのご要望にも対応できる設備と体制、一層リラックスしていただける環境づくりを進めて参ります。

装花・園芸部門では、本年も「安くても見栄えのする」装花を一層研究して参ります。
さらに事業所への装花ですと、何よりもメンテナンスが課題です。本年はメンテナンスと安全面を特に考えていきたいです。
また、一層「和」の表現も追求して行きたいと思っています。

カリグラフィー部門では、インバウンドやオリンピックを見越したPOPや装飾、またその講習会等のお問い合わせをいただいています。
特に海外からのお客様をおもてなしする上での注意点をしっかりお伝えできるよう努めて参ります。
また今後は、様々な画材で「やれること」「やれないこと」、限られた材料での「映える表現方法」を追求して参ります。
今後はそのための経験の場を増やしていく予定です。

翻訳部門では、弊社の事業形態から、特に貿易関係の専門知識を深めて行きたいと思っています。

いずれにせよ本年も、たくさんの出会いがありますように。
今後もたくさん知識を広げて、たくさん経験を積んで行きたいです。
たくさん考えて、たくさん勉強できるって幸せですね。